人間ドックでのショックだったこと

千葉県柏市の終活、生前整理、整理収納

笑顔で心豊かな人生へのお手伝い
片付トータルサポートKOKUYA代表

生前整理アドバイザー&生前整理診断士の伊東眞理子です

人間ドックでのショックだったこと

今日は外はドヨヨーンとした寒い一日でしたね

でも私は朝7時30分から14時30分まで7時間を病院の建物の中で過ごしました

人間ドックに行ってきました

しかし時間がかかる・・・疲れた~

 

資料が送られてきたのが2週間前
問診表に記入をし、検便と尿も取りそれらを持参して少し早めに病院へ
すでに何人かの方が待機されてました

採決から始まり一通りの検査終了したのが11時

そこからオプション検査待機時間が長かった~

脳ドックや子宮がん検査等は普通外来が終了してかららしいのです

 

診察結果をお伺いした時に

ドクターが
「混んでいて検査結果画像が間に合わない・・・」的なことをおっしゃってました

確かにコロナが落ち着いてきたからか受診人数が多くなっているようには感じました

         

詳しい検査結果は郵送されてきますが

 

なんとなんと身長がまた縮んでいたー--ショック

158cmだった身長は157㎝になり、今回155.5cmになっていた…

甥が「まりこおばちゃん、また縮んだ?」と言うのも正解だったのです

年齢と共に水分が減って身長は縮むらしいのですが、
「腰も痛いなら整形外科で診てもらうように」と言われました

 

病院ではいつも血圧が上がっているのですが
今回はその数値が異常で175(家では135ぐらい)

「心電図にも少し気になるところがあるので血圧も高いので一度内科を受診するように」

両親も心臓が悪かったので気にはなっていたので内科には行かないとと思います

 

悪玉コレステロールはいつものごとくでしたが、その他は異常なしでした❤️

 

今回の一番のショックは身長がまた縮んでいたことでした

 

最後までお読みいただきありがとうございました

関連記事

PAGE TOP